食べ物を調節することでアカルボースの効果が上がる

アカルボースは糖尿病の治療薬の1つです。その効果は、小腸において消化酵素によって糖がブドウ糖へ消化される過程を阻害して、ブドウ糖の吸収を抑制し、血糖値の上昇を抑える薬です。食べ物の中に含まれる糖分は、口腔内で唾液によって消化され、胃を通過し、小腸でさらに消化酵素によって分解されて、ブドウ糖となり吸収され、血糖値が上昇する過程を経ます。上記より、単純に糖分の少ない炭水化物などを摂取すれば良いのみではなく、食べ物の質を調節することでアカルボースの効果がさらに上がるあるいは減弱されることになります。具体的には、摂取する糖の種類があります。ブドウ糖が含まれる食べ物や飲料があります。一部の清涼飲料には大量にブドウ糖が含まれており、たとえアカルボースを服用していても、防ぐはずのブドウ糖を摂取してしまえば、何のために薬を服用しているのか分からなくなります。他にも、ショ糖についてもアカルボースの有効性の限度を超えた糖分が摂取されるのも避けるべきです。また、食事においてゴボウなどの繊維質の食べ物と一緒に炭水化物を摂取するように調節することでアカルボースの効果が上がります。というのは、糖尿病において血糖値が高いことが問題になるのは当然ですが、いかにそれを下げるかといえば糖分の吸収をいかに遅らせるかということになります。食物繊維が物理的に糖分と吸収する小腸の接触を阻害することで血糖値の上昇がなだらかになり、そのピークを低くすることになります。つまり食物繊維の効果が発揮される部位とアカルボースの作用が発現する部位が同じであるため、協力的にアカルボースを増強することになります。単純な糖のカロリーの着目に加えて、食べ物の質に関しても調節することで糖尿病がより改善されます。