糖尿病には視力検査とアカルボースか分泌代謝内科を

糖尿病は血液中のグルコース濃度が異常に高くなってしまっている状態をいいます。糖尿病は主に2つの原因によって発症します。1つ目は膵臓のβ細胞が損傷し、そこで作られ分泌されるインスリンの分泌ができなくなることです。これによって起こるものを1型糖尿病といいます。2つ目はメタボリックシンドロームによってインスリンの感受性が低下し、インスリンが血糖値に影響を与えられなくなることです。これによって起こるものを2型糖尿病といいます。糖尿病の診断は基準値によって判定されます。早朝空腹時血糖126mg/dl以上、75gOGTT2時間値200mg/dl以上、血糖値常時200mg/dl以上、HbA1c6.5%以上の場合が糖尿病と判定されます。
糖尿病の診断と治療は分泌代謝内科で行ってみて下さい。開業医で分泌代謝内科を掲げている病院はなかなかありませんが、大きな病院でしたら分泌代謝内科が大体あります。しかし近年はいきなり大きな病院を受診すると高額な手数料がかかる場合があるので、一度開業医を受診して紹介状を書いてもらうといいでしょう。
また糖尿病の治療と同時に視力検査も定期的に行いましょう。なぜ視力検査が必要かというと糖尿病の三大合併症の1つに糖尿病性網膜症というものがあるからです。これは糖尿病が血管壁を糖化していくことで動脈硬化が進行し、網膜への血液供給が不足してしまうために起こります。最悪の場合視力を失う可能性もあるので注意しましょう。
糖尿病治療薬としてアカルボースは広く使用されている薬です。アカルボースはグルコバイという商品名でも広く知られています。アカルボースは食事で摂取した糖の分解を抑制し、それによって消化管吸収される糖の量を少なくする薬で食後過血糖に効果があります。もし血糖値の日内変動を確認して食後に著しい血糖値の上昇がみられる場合には使用をおすすめします。