アカルボースの副作用と肝臓病や腎臓病の完治への方法

アカルボースは主に糖尿病などのために血糖値を下げる薬です。糖尿病は放置すると多くの重い合併症が伴います。しかし、副作用や注意が必要な方々がおり薬の副作用には身体の機能上、肝臓は重要な生命の要となる機能のために肝臓病を持病に持つ方は特に医師と相談しなければいけません。また肝臓での障害が起こるとウイルス性の肝炎があり慢性的になると完治するまで半年以上はかかることになります。肝臓病以外には腎臓病など同様な注意が必要で、いわば薬へのアレルギー反応と中毒性いう見方があり発熱や倦怠感を伴います。これらの症状は抗がん剤や抗真菌薬で同じく副作用が見られ薬物性肝障害といいさまざまな薬の服用の際へ考えることの一つです。アカルボースの重い合併症には腎臓病があるために、それぞれの療法に慎重になることがでてきます。糖尿病に対してはアカルボースを食前に服用することにより、過剰な糖分を摂ることなく食事の血糖値を下げつつ膵臓に負担をかけないことが特徴です。肝臓病や腎臓病のほか妊娠中の方も服用はできず、意識障害がおこりかねないための注意行動が要求されたりステロイド薬を同時に使用していると効果が下がっていきます。アカルボースの副作用には寒気や動悸など、一部にこの薬物性肝障害と近い症状が見られますが、副作用での重い症状は確率は一万人に一人ほどで女性や中年が多くなっています。日常的な服用の副作用では発熱や腸の異常が見られてお腹を下しやすくなり、肝機能にかかわるため皮膚などが黄色くなってきます。これらの完治にはアカルボースの服用とともに炭水化物や糖分の摂りすぎにならぬように食事や、運動による療法が同時に継続することが研究で実証され糖尿病の治療にはどれも必要な方法になります。アカルボースは炭水化物などからの血糖値を下げて糖尿病の完治への方向に向かう薬になります。