アカルボースが糖尿病に良い理由

糖尿病と言うのは血液中のブドウ糖(グルコース)の量が、健康な人に比べて高い状態をいいます。
血糖値が高いと言っても、無症状の人から喉が渇いたり、大量の尿が出たり、意識がはっきりしないとか、こん睡状態の人まで、いろいろな症状の人がいます。
これらをまとめて血糖値やヘモグロビンA1cが一定の基準をか終えている場合を糖尿病と呼びます。
糖尿病は、高血糖その物が体に悪いのですが長い間高血糖が続くと、ブドウ糖が血管の内側のタンパク質と結びついて、身体の中の毛細血管が破壊され、糖尿病性の神経障害や糖尿病性網膜障害や糖尿病性腎症をおこすことがあり、糖尿病の治療と言うのは、これらの合併症の予防をする事です。
それには、高血糖にならないようにすることが大切です。
食事としてとった炭水化物はアミラーゼにより、オリゴ糖を経て、二糖類に分解されます。
この二糖類は小腸にあるαグリコシダーゼにより、ブドウ糖に分解され、小腸で吸収されて血管に入り血糖となります。
血糖は膵臓から出るインスリンによって、身体の各細胞に吸収され、食後二時間くらいで健康な人は行っての範囲に戻ります。
しかし糖尿病の人(インスリンが分泌されない人と、インスリンが分泌されても、その効果が出ない人)はインスリンが働かず血糖値は高いままになります。
この病気の治療薬として、食事中の炭水化物を分解したり(アミラーゼ)、二糖類をブドウ糖に分解する酵素(αグリコシダーゼ)を抑えるアカルボースが最近開発され利用されています。
アカルボースの作用により、ブドウ糖の吸収は遅れ、インスリンも急激に出る事はありませんので、膵臓への負担も減ります。
アカルボース自体が低血糖を招く薬ではありませんので、他の血糖値を下げる薬とも併用が出来ます。